【保存版】eSIMで手軽に世界を旅しよう!海外旅行でのスマホ活用術

2023年8月更新

本ページには、アフィリエイト広告を利用しています

 

この記事では、いま現在、海外旅行を計画している方向けに書いています。

 

男性

海外旅行に適した通信手段って何かな?

海外旅行にはeSIMが便利って聞くけど…
どうなんだろう?

eSIMの利用の仕方を知りたいな…

 

この記事からわかること
  1. eSIM定義・基礎知識
  2. eSIMの利用条件と対応機種
  3. eSIMのメリット・デメリット
  4. eSIMを利用するコツ・使い方・選び方
  5. eSIMを利用する際の注意点
  6. 海外旅行におすすめeSIMプラン

 

この記事を書いているのはこんな人
  • 一児の父(娘6歳)
  • 小学校の頃から海外に住むことに憧れを抱いていた
  • 現役海外駐在員(4年目)
  • 将来webでビジネスをしながら世界を旅したい
  • 2023年11月にスペイン・バルセロナ旅行を計画している
  • 英語でコミュニケーションするのが大好き

 

おさむ

海外旅行でeSIMを利用することであなたのスマートフォンが、自由な通信環境を手に入れ、未知の地でも安心して旅を楽しむことができます。

 

この記事では

「海外旅行でeSIMを利用する」に関するあなたの疑問や悩みに寄り添い、具体的な答えを提供します。

 

eSIMの使い方や選び方、さらにはおすすめのプランまでを解説します。

物理的なSIMカードを持ち歩く手間や現地での購入不要といったメリット、そしてリスク回避の注意点もお伝えします。さらに、実際にeSIMを利用した旅行者のストーリーを交え、成功の秘訣を紹介します。

 

おさむ

記事を読み進めることで、あなたは自由なコミュニケーションの世界へと足を踏み入れることができます。海外での滞在中も大切な人との連絡は途切れず、SNSで旅の思い出をシェアし、リアルタイムに情報を得ることができるでしょう。

 

自由な旅が待つこの先には、新しい発見と感動が広がっています。

あなたのスマートフォンが、信頼できる仲間となり、海外旅行の魅力を最大限に引き出すこと間違いなしです。さあ、未知の地への旅をより充実させるための第一歩を踏み出しましょう。

eSIMの世界への扉が開きます。 

 

スポンサーリンク
目次

eSIM定義・基礎知識

eSIMは、スマホに通信機能を持たせるための特別なカードを使わずに、スマホ自体に内蔵されている仮想的な通信サービスです。

これにより、複数の電話番号や通信サービスを1台のスマホで使うことができます。

 

おさむ

物理的なSIMカードの挿入や交換の手間がなくなり、遠隔から設定できるので、とても便利です。eSIMの特徴について順番に紹介します。

eSIMの特徴

おさむ

eSIMの特徴は以下の通りです。

 

eSIMの特徴

物理SIMカード不要eSIMは電子的なSIMカードであり、プラスチックのカードを差し込む必要がないため、スマートフォン内部に直接組み込まれています。
デュアルSIM対応eSIMを利用すると、1台のスマートフォンで複数の通信サービスを同時に使えるデュアルSIM機能をサポートしています。
QRコードやアクティベーションeSIMを有効にするには、QRコードをスキャンしたり、通信キャリアのアクティベーションプロセスを経る必要があります。
仮想的な通信サービス物理SIMと同じように、eSIMでも通信サービスを契約できますが、eSIMは仮想的な通信サービスとして提供されます。
遠隔で設定変更eSIMは遠隔で設定を変更できるため、新しい通信プランに簡単に切り替えたり、海外でローカルプランを追加したりできます。
ロック解除の不要海外旅行や通信キャリアの乗り換え時に、eSIMは物理SIMのようにロック解除の手続きが不要で利用できます。
グローバルな利用eSIMは世界各地で利用できるため、海外旅行者や頻繁に国際通信をするビジネスユーザーに便利です。
自動的な通信切り替えeSIM対応のスマートフォンは、カバレッジエリア外に入った際に自動的に他の通信キャリアに切り替える機能を持っています。

 

おさむ

eSIMはwebから申し込みが可能です。
ですので簡単に利用できます。ただしご使用のスマートフォンがeSIMに対応していないと利用はできません。

 

eSIMと物理SIMの違い

おさむ

eSIMと物理SIMの違いを下記の表にまとめました。

 

特徴eSIM物理SIM
挿入方法内蔵済み、挿入不要実際のカードを挿入必要
取り外し不要カードを取り外す必要
デュアルSIM対応可能1枚のカードに1つの番号
切り替えオンラインで容易に切替物理的なカードの交換
海外利用新たなプランに切替容易現地で新しいカードを購入

 

おさむ

海外旅行をする際は、eSIMをおすすめします。webで事前に滞在国のeSIMを準備すれば到着と同時に現地の通信を利用できます。料金もローミングやWi-Fiルーターをレンタルするよりお得です。

 

eSIMの利用条件と対応機種

 

eSIMの利用条件と対応機種について調べる際には、各通信キャリアの公式ウェブサイトや取扱説明書、製品仕様ページを参照すると情報が得られます。

また、携帯電話の設定画面やシステム情報からもeSIMの対応状況を確認できます。

 

おさむ

自分が使用しているスマートフォンの機種名とeSIMの対応情報をWeb検索することで、eSIMが使用可能かどうかを確認することができます。

 

例:iPhone SE 3世代 eSIM 対応

 

eSIMに対応するiPhone機種

おさむ

iPhoneにおいて、eSIMに対応している機種は以下の通りです

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE (第2世代)
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max

 

eSIMのメリット・デメリット

おさむ

eSIMのメリット・デメリットは以下の通りです。

 

eSIMのメリット・デメリット

メリットデメリット
物理的なSIMカード不要機種とキャリアの対応が必要
デュアルSIMで複数サービス利用可能一部地域やキャリアで未対応
オンラインで簡単な設定や切り替えが可能故障時の対応が必要
海外でのプラン切り替えが簡単普及している端末が限られる

 

おさむ

それぞれについて順番に紹介します。

 

eSIMのメリット

おさむ

eSIMのメリットは以下の通りです。

 

eSIMのメリット
  • 物理的なSIMカードを挿入する手間がない
  • 複数の電話番号や通信サービスを1台のデバイスで利用可能(デュアルSIM)
  • オンラインで設定や契約が可能で切り替えが簡単
  • 海外で新しいプランを契約する際、物理的なSIMカードを購入不要

 

おさむ

それでは順番に紹介します。

 

物理的なSIMカードを挿入する手間がない

eSIMを利用すると、物理的なSIMカードを挿入する手間がなくなります。

これにより、スマートフォンやデバイスに内蔵されたeSIMを使って、簡単に通信サービスを切り替えることが可能となります。

 

eSIMは仮想的なSIMカードであり、物理的なカードを挿入する必要がないため、スマートフォンのSIMカード挿入が不要となります。

この仕組みにより、通信サービスの切り替えがオンラインで行えます。

 

おさむ

eSIMは国際標準化されており、様々なメーカーやキャリアが採用しているため、利用できる機種も増えています。

 

例えば、海外へ旅行する際に新たなプランを契約したい場合、物理的なSIMカードを現地で購入する必要がなくなります。

インターネット上で対応するキャリアのeSIMプランを選択し、簡単な手続きで新しいサービスを利用できます。

 

おさむ

eSIMを利用すると、物理的なSIMカードを挿入する手間がなくなり、オンラインで簡単に通信サービスの切り替えが可能となります。さらに、海外でのプラン切り替えもスムーズに行えるため、利用者にとって便利な技術となっています。

 

複数の電話番号や通信サービスを1台のデバイスで利用可能(デュアルSIM)

eSIMを利用することで、1台のデバイスで複数の電話番号や通信サービスを同時に利用できるデュアルSIMの機能を活用できます。

これにより、ビジネスとプライベートの電話番号を別々に持ち、利用状況に応じて適切な通信サービスを使い分けることが可能となります。

 

eSIMは仮想的なSIMカードであり、物理的なカードを挿入する必要がないため、1台のデバイスに複数のeSIMプロファイルを同時にインストールできます。

 

おさむ

国際標準規格として確立されており、多くのスマートフォンメーカーやキャリアがeSIMをサポートしているため、幅広いデバイスで利用が可能です。

 

例えば、ビジネスマンは1つのスマートフォンに仕事用の電話番号と個人用の電話番号を同時に持つことができます。

また、国内外の出張や旅行時に、現地で別のキャリアのeSIMプランを利用して通信コストを削減することもできます。

 

eSIMの利用により、1台のデバイスで複数の電話番号や通信サービスを利用できるため、デュアルSIMの機能を有効に活用できます。

 

おさむ

ビジネスとプライベートを分けることができるほか、国内外で通信サービスを柔軟に選択できる利便性があります。eSIMは現代のモバイル通信の進化として、利用者にとって非常に便利なオプションとなっています。

 

オンラインで設定や契約が可能で切り替えが簡単

eSIMを利用する際にはオンラインで設定や契約が可能であり、新しいサービスへの切り替えが非常に簡単です。

 

eSIMはデジタルデータであり、物理的なカードを取り付ける必要がないため、オンライン上で直接設定できます。多くのキャリアは自社のウェブサイトや専用アプリを通じてeSIMの申し込みや設定を提供しています。

 

例えば、スマートフォンの設定画面からeSIMのQRコードをスキャンするだけで、新しいeSIMプランに申し込むことができます。

 

おさむ

海外旅行時には現地のキャリアのウェブサイトからeSIMプランを選択して簡単に切り替えることができます。

 

eSIMの利用により、オンラインで設定や契約ができるため、ユーザーは物理的なカードを取り付ける手間を省きながら、新しいサービスに簡単に切り替えることができます。

 

おさむ

モバイル通信の柔軟性が向上し、ユーザーはより便利に通信サービスを利用することができます。

 

海外で新しいプランを契約する際、物理的なSIMカードを購入不要

eSIMを利用する際には、海外で新しい通信プランを契約する際に物理的なSIMカードを購入する必要がなくなります。

eSIMはデジタルデータで内蔵されており、現地のキャリアのウェブサイトから簡単に新しいプランに切り替えることができます。 

 

多くの国や地域で、現地のキャリアがeSIMプランを提供しています。

欧州連合(EU)では、2022年からEU域内で利用できるeSIMの選択肢が増え、物理的なSIMカードを購入する必要がなくなりました。

また、国際ローミングにおいても、eSIMを利用することで現地のキャリアで新しいプランを契約することが可能です。

 

例えば、日本から海外旅行に行った際に、到着した空港や現地の通信会社の店舗で物理的なSIMカードを購入する必要がなく、スマートフォンの設定画面から現地のキャリアのウェブサイトにアクセスし、簡単にeSIMプランに切り替えることができます。

 

おさむ

これにより、海外での通信サービスを手軽に利用できるようになります。

 

eSIMを利用することで、海外で新しい通信プランを契約する際に物理的なSIMカードを購入する必要がなくなります。

 

おさむ

スマートフォンの設定画面からオンラインで簡単に切り替えることができるため、ユーザーは旅行先でもスムーズに通信サービスを利用することができます。

 

eSIMのデメリット

おさむ

eSIMのデメリットは以下の通りです。

 

eSIMのデメリット
  • 利用するには機種とキャリアの対応が必要
  • 一部の地域やキャリアでは対応していない場合がある
  • スマートフォンの故障時にも対応が必要な場合がある
  • eSIMの対応端末が物理SIMのように広く普及しているわけではない

 

おさむ

それでは順番に紹介します。

 

利用するには機種とキャリアの対応が必要

eSIMを利用するには、スマートフォンやデバイスの機種がeSIMに対応していることと、キャリアがeSIMプランを提供していることが必要です。

対応していない機種やキャリアの場合、eSIMを利用することはできません。

 

各スマートフォンメーカーやキャリアは、eSIMに対応した機種やプランを提供していますが、全ての機種やキャリアがeSIMに対応しているわけではありません。

 

おさむ

eSIMを利用する前に自分のスマートフォンが対応しているか、また利用したいキャリアがeSIMプランを提供しているかを確認する必要があります。

例えば、AppleのiPhoneでは、一部の最新モデルからeSIMに対応しています。具体的には、iPhone XS以降のモデルがeSIMに対応しています。

しかし、iPhone 8やiPhone Xなどの一部の古いモデルではeSIMを利用することができません。

eSIMを利用するには、自分のスマートフォンやデバイスがeSIMに対応しているか、利用したいキャリアがeSIMプランを提供しているかを確認する必要があります。

おさむ

対応していない場合はeSIMを利用することはできないため、利用する前にしっかりと確認することが重要です。eSIMを利用する際には、機種とキャリアの対応を確認することで、スムーズな利用が可能となります。

日本国内のキャリアであるNTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンクなどはeSIMプランを提供していますが、全てのプランがeSIMに対応しているわけではありません。

一部の地域やキャリアでは対応していない場合がある

eSIMは一部の地域やキャリアでは対応していない場合があります。

 

おさむ

eSIMを利用する際には、利用したい地域やキャリアがeSIMに対応しているかを確認する必要があります。

 

eSIMは比較的新しい技術であり、全ての地域やキャリアで即座に対応しているわけではありません。

地域によってはeSIMに対応しているキャリアが限られている場合もあります。

また、各国や地域における通信規制や技術の進展状況によっても、eSIMの対応状況が異なる場合があります。

 

日本では、主要なキャリアであるNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクなどはeSIMに対応しており、eSIMプランを提供しています。しかし、海外の一部の地域ではeSIMの利用が制限されている場合があります。

 

特に一部の発展途上国や地方地域では、通信インフラの整備が不十分なため、eSIMに対応しているキャリアが限られていることがあります。 

 

eSIMを利用する際には、対応している地域やキャリアを確認することが重要です。

一部の地域やキャリアでは対応していない可能性があるため、事前に確認しておくことで、スムーズなeSIMの利用が可能となります。

 

おさむ

eSIMを利用する際には、対応している地域やキャリアを把握し、利用可能な状況を確認することで、ストレスなく利用できます。

 

スマートフォンの故障時にも対応が必要な場合がある

eSIMを利用する場合、スマートフォンの故障時にも対応が必要な場合があります。

 

おさむ

故障したスマートフォンからデータを引き継ぐためには、新しいデバイスにeSIMプロファイルを設定し、再度契約手続きを行う必要があります。

 

スマートフォンは故障や事故によって損傷を受けることがあります。

例えば、画面が割れたり、水に濡れたりすることで動作しなくなることがあります。

このような場合、修理や新しいデバイスへの交換が必要になります。

 

おさむ

しかし、eSIMは物理的なSIMカードのように簡単に取り外して新しいデバイスに挿入することができないため、新しいデバイスにeSIMを再度設定する必要が生じます。

 

例えば、スマートフォンの画面が割れてしまった場合、修理に出すか新しいデバイスに交換する必要があります。この際、新しいデバイスにeSIMを再度設定する手続きが必要になります。

 

eSIMを利用する場合、スマートフォンの故障時にも対応が必要です。

故障したスマートフォンから新しいデバイスにデータを引き継ぐためには、新しいデバイスにeSIMを再度設定し、通信サービスを再契約する必要があります。

 

eSIMのプロファイルや契約情報をバックアップしておくことが重要です。

 

eSIMの対応端末が物理SIMのように広く普及しているわけではない

eSIMの対応端末は物理SIMのように広く普及しているわけではありません。

現在でも、eSIMに対応していないスマートフォンやデバイスが多く存在します。

eSIMは新しい技術であり、導入が進んでいるものの、物理SIMと比べるとまだ普及が進んでいるとは言い難い状況です

一部の高級モデルや一部のキャリアがeSIM対応を推進していますが、一般的な中級やエントリーモデルのスマートフォンではeSIM対応機種は限られています。

例えば、2023年時点で販売されているスマートフォンの中には、eSIMに対応している機種と対応していない機種が混在しています。

おさむ

特に一部の低価格帯のスマートフォンでは、eSIMに対応していないことが多いです。

eSIMの対応端末は物理SIMのように広く普及しているわけではなく、現時点ではeSIM対応機種は限られています。

おさむ

eSIMを利用する場合は、事前に自分のスマートフォンがeSIMに対応しているかを確認し、必要に応じて対応機種を選択することが重要です。

 

eSIM 具体例・口コミや評判

おさむ

実際にeSIM利用者の評価はどうなのでしょうか?
ユーザーの評価を紹介します。

 

eSIMを使う人におすすめのケース

eSIMを使う人には、海外旅行が頻繁であり、現地での通信がスムーズに行いたい、または複数の電話番号を1台のデバイスで利用したいユーザーにおすすめです。

eSIMを利用すれば、物理的なSIMカードを持ち歩く必要がなく、新たな国での通信プランをオンラインで手軽に契約できます。

 

おさむ

物理的なSIMカードの購入手続きやSIMの交換が不要で、旅行中の手間を省くことができます。

 

例えば、ビジネスパーソンが頻繁に海外出張をする場合、eSIMを利用することで現地での通信がスムーズに行えます。

また、個人がプライベートと仕事用途を別々に電話番号を持ちたい場合、eSIMを使うことで1台のスマートフォンで簡単に切り替えが可能です。

 

eSIMは海外旅行が頻繁であったり、複数の電話番号を1台のデバイスで利用したいユーザーにおすすめです。

物理的なSIMカードの挿入や交換の手間が不要なため、利便性が高く、利用シーンに合わせて柔軟に通信サービスを選ぶことができます。

 

ユーザーの口コミ・評判

おさむ

eSIM利用者の口コミ・評判を紹介します。

 

おさむ

圧倒的にeSIMは便利という意見が多いです。
海外旅行をする際は、eSIMが便利そうです!!

 

eSIMを利用するコツ・使い方・選び方

おさむ

ここまでで一旦eSIMを利用するコツ・使い方・選び方についてまとめます。

 

eSIMの使い方

おさむ

eSimの使い方は以下の5スッテプで簡単に利用することができます。

 

eSIMの使い方
  1. 対応機種であることを確認する
  2. キャリアのeSIMプランを選ぶ
  3. QRコードをスキャンまたはプロファイルをダウンロード
  4. 設定画面でeSIMを有効化
  5. 利用開始!複数の電話番号やデータ通信を楽しむ!

 

eSIM対応機種

eSIMの利用条件と対応機種について調べる際には、各通信キャリアの公式ウェブサイトや取扱説明書、製品仕様ページを参照すると情報が得られます。

 

おさむ

自分が使用しているスマートフォンの機種名とeSIMの対応情報をWeb検索することで、eSIMが使用可能かどうかを確認することができます。

 

例:iPhone SE 3世代 eSIM 対応

 

eSIMの選び方と注意点

おさむ

eSIMの選び方は以下の通りです。

 

eSIMの選び方のポイント
  1. 利用したいキャリアのeSIMプランを比較する
  2. キャリアのサービスエリアを確認する
  3. データ容量や通話料金、海外利用などを考慮してプランを選ぶ

 

おさむ

eSIMの選ぶ際の注意点は以下の通りです。

 

eSIMを選び際の注意点
  1. 対応機種を確認する
  2. 一部の地域やキャリアでは対応していない場合がある
  3. スマートフォンの故障時にも対応が必要な場合がある
  4. 利用する前に十分な情報を収集し、契約内容を理解する
  5. 契約や解約時の手続きに注意する

eSIMを利用する際の注意点

 

おさむ

eSIMを利用する際の注意点について紹介します。

 

eSIMの利用時に気を付けること

おさむ

eSIMの利用時に気を付けるポイントは以下の通りです。

 

eSIMの利用時に気を付けるポイント
  1. マートフォンの対応を確認する
  2. バックアップを取る
  3. eSIMアクティベーション時にインターネット接続が必要
  4. 海外での利用時にはローミング設定を確認
  5. 万が一のトラブルに備え、サポート情報を確認する
  6. 不要なプランは解約することで料金を節約する

 

eSIMを利用する際のリスク回避のための注意点

おさむ

eSIMを利用する際のリスク回避のための注意点は以下の通りです。

 

リスク回避のための注意点
  1. 不正アクセスからデバイスを保護する強力なパスワードを設定する
  2. 無断でeSIMプランが切り替わるのを防ぐため、誤ってクリックしないように注意する
  3. 信頼できる公式サイトからeSIMを購入し、偽造品を避ける
  4. 万が一の紛失や盗難に備え、eSIMをリモートロックや消去できるように設定する
  5. セキュリティソフトウェアを常時更新して、悪意のある攻撃からデバイスを保護する

 

おさむ

海外などで公共のWi-Fi環境を使用しeSIM契約をする際には注意して下さい。公共のWi-Fiのセキュリティは万全ではないです。

 

海外旅行におすすめeSIMプラン

おさむ

海外旅行へ出発する前に旅行先のeSIMを準備することで、旅行を思いっきり楽しむことができます。

さくらさん

そうですね。でも旅行前にどこでeSIMを選べばいいんですか?

おさむ

おすすめのeSIMサイトを紹介します。

海外向けのeSIMを探すなら「きもちeSIM」

海外向けのeSIMを探す際には「」がおすすめです。

 

」は、多くの国や地域で利用可能なグローバルなeSIMサービスを提供しています。

信頼性の高い通信キャリアと提携しており、安定した通信品質を提供しています。

また、料金もリーズナブルで、コストパフォーマンスに優れています。

 

きもちeSIMは、日本を含む120以上の国と地域で利用できます。

さまざまなプランが用意されており、ボイス通話やデータ通信を含むパッケージがあります。

 

海外旅行でeSIMを利用するなら、「きもちeSIM」が便利でお得な選択肢です。

グローバルな対応範囲とリーズナブルな料金で、快適な通信環境を手に入れることができます。

事前に申し込みを済ませておくことで、現地に到着した際にスムーズに通信を開始できます。

 

 

\120ヵ国以上で利用可能なeSIMの中から/

 

おすすめのeSIMサービス(Holafly・オラフライ)

スペインのeSIM会社Holafly(オラフライ)は、178の渡航先に対応しており、うち63の国や都市で、データ通信の無制限プランがあります。

 

Holafly(オラフライ)は、旅行先でカンタンにネット接続できるためおすすめです。

また申し込みサイトは、日本語に対応しているため安心です。

 

●Holafly(オラフライ)の概要

  • Holafly(オラフライ)は、スペインのeSIM会社
  • 178の国や地域に対応している
  • そのうちの63の国や都市ではデータ通信の無制限プランがある
  • ヨーロッパ圏のeSIMには電話番号付きサービスを開始(60分の無料通話付き)
  • 累計使用者100 万人以上
  • 日本語での24時間サポートあり
  • 中国向けのeSIMにはVPNを搭載

 

おさむ

オラフライのeSIMを申し込む際にクーポンコード「OSAMU30」と入力してください。表示価格から5%オフでご利用いただけます。詳しくは以下のイメージを確認してください。

 

おさむ

オラフライは、以下のリンクからご利用頂けます。
クーポンコードは、何度でもご利用可能です。

 

  

\クーポンコードを利用し5%オフで/

 

まとめ:eSIMで海外旅行をエンジョイ

eSIMは物理的なSIMカードを挿入する手間がなく、スマートフォンやデバイスに内蔵されており、取り外しや挿入の手間がありません。

複数の電話番号や通信サービスを1台のデバイスで利用できるため、デュアルSIMの利点も得られます。

オンラインで設定や契約ができるため、新しいサービスに切り替えるのも簡単。

さらに、海外で新たなプランを契約する際に物理的なSIMカードを購入する必要がないため、便利です。

重要ポイント
  1. 物理的なSIMカードを挿入不要:手間なく利用可能でスマートフォンの故障時にも対応が必要な場合がある
  2. デュアルSIMの利点あり:複数の電話番号や通信サービスを1台のデバイスで利用可能
  3. オンラインで簡単設定・契約:新しいサービスへの切り替えが容易
  4. 海外での利用が便利:新たなプランの契約に物理的なSIMカード不要

海外旅行でeSIMを利用する際には、特に以下の点に注意してください。

  • 利用する国や地域でのeSIM対応状況を確認する
  • 海外でのデータ使用料金や通話料金を事前に把握し、適切なプランを選ぶ
  • 予定よりも長期滞在する場合は、容量の大きいプランを選び、高速通信を確保する

海外旅行でeSIMを利用すると、切れ目のない通信が可能になり、ローカルSIMの購入手続きが不要なため、時間と手間を節約できます。

また、旅先で新しいプランを簡単に契約できるので、自分に合ったサービスを選びやすくなります。

ただし、利用する国や地域の対応状況を事前に調査し、適切なプランを選ぶことが重要です。

 

\120ヵ国以上で利用可能なeSIMの中から/

 

Q&A

eSIMに関するよくある質問と回答

こうすけ

海外旅行でeSIMを利用するにはどうすればいいですか?

おさむ

eSIMを利用するには、まず自分のスマートフォンがeSIMに対応しているか確認しましょう。対応している場合は、自国のキャリアやオンラインサービスでeSIMプランを申し込みます。海外到着後、目的地のeSIM提供サービスや空港などでeSIMを購入してアクティベーションします。または事前に日本でeSIMを購入することもできます。その場合はが便利です。

 

さくらさん

eSIMの利用にはどんなメリットがありますか?

おさむ

eSIMの利用には以下のメリットがあります。

 

eSIMの利用メリット
  • 物理的なSIMカードの挿入手間がない
  • 複数の電話番号や通信サービスを1台のデバイスで利用できる(デュアルSIM)
  • オンラインで簡単に契約変更ができる
  • 海外で新たなプランを契約する際に物理的なSIMカードを購入不要

 

こうすけ

海外でのeSIM利用に注意すべき点はありますか?

おさむ

はい、海外でeSIMを利用する際には以下の点に注意しましょう

 

海外でのeSIM利用に注意すべき点
  • 利用する国や地域でのeSIM対応状況を事前に確認する
  • データ使用料金や通話料金を事前に理解し、適切なプランを選ぶ
  • 予定よりも長期滞在する場合は、容量の大きいプランを選び、高速通信を確保する

 

おさむ

eSIMは海外旅行へ出発する前に準備すると良いと思います。
通信手段を予め準備することで安心して海外旅行を楽しめます。

 

\120ヵ国以上で利用可能なeSIMの中から/

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活の豆知識へ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次